rieco本人が全曲作詞・作曲を担当し、全面的に楽曲プロデュース。
ギターのマサ小浜氏、ベースに日野”Jino”賢二氏、ドラムに江口信夫氏など、数々の大物シンガーをサポートしてきたレコーディングメンバーに加え、アートディレクションは、ブランドCANDI創設者で、デザイナーなど幅広く活動するNatsu( http://lovebynatsu.com/)が担当。
「女子として自分らしく楽しむ生き方」を発信するNatsuとのコラボレーションは、「すべての制作過程が楽しかった!」とriecoの言う通り、その現場の空気感を感じられ、riecoらしさの光る仕上がりとなっている。

rieco&Natsu

アートディレクター Natsu コメント:
riecoは普段はキュートでファニーな女の子なのに、歌いだすとかっこ良くて、何度もハッとさせられました。『so right』は気持ちの良い作品。もう既にヘビロテ中!ハマってます。

Natsu
http://lovebynatsu.com/

東京に生まれ育ったNatsuは、日本の大学を卒業後、渡英。英国名門セントラル・セント・マーチンス大学にてアート、グラフィックデザインを学ぶも、うつ病にかかり3年で中退。本人いわく「永遠に終わらない闇のトンネルみたいだった」と語る悩みつづけた在学中、2008年にはじめたブログが、インターネット上で徐々にブレイクしはじめた。
ブログ上で模索し、発信しつづけたのは「女子として自分らしく楽しむ生き方」。自らが毎日たのしむファッションや、写真で魅せる世界観、Natsu 自身のライフスタイル、そして日々の思いを綴ることば。ある日、好きなものを赴くままにハンドメイドしたオリジナル作品をブログに載せると、たちまちオー ダーが入る。その瞬間からプロのデザイナーとしての小さな一歩がスタートした。クチコミは次第に広がり、ブログと同時にハンドメイドデザイナーとして活躍するようになる。
2010年、ファンの後押しを受けてSUPER FASHION BLOGGER AWARDグランプリ受賞。
翌年からファッションブランド、企業、アーティストとのコラボレーションデザイン商品を続々を発表。2013年までの3年間、 人気ファッション雑誌「sweet」にて自身の連載ページをもつ。
2013年夏、ついにブランド「CANDI」をオンラインショップとして設立した。

Summer Picnic

rieco First Album「So right」リリース記念PICNIC

南青山に小さな馬のいるテラスファームが出来ました。そこはまるで緑いっぱいのカントリー。
J カントリーポップという新しいジャンルを打ち出すriecoのファーストアルバム “So right” のイメージにぴったりな、とても気持ち良いこの空間で8月7日、PICNICが開催されました。